バイアグラ服用時の注意点

バイアグラ服用時の注意点

バイアグラを服用するにあたって、注意しなければならないことや併用禁忌のものがいくつかあります。勃起障害の改善のために飲んだ薬で体調を壊してしまっては何の意味もありませんので、注意するべき点をよく知ってバイアグラと上手に付き合いましょう。

バイアグラは心臓病の治療薬との併用が特に危険

男性本人が強い性交の意思を持っているにも関わらず、下半身が言うことをきかない、そういった状態は一般的にEDと呼ばれています。
EDは男性的なコンプレックスの1つであり、恋愛や夫婦生活、将来の家族計画に支障をきたすリスクです。
物理的な理由、または心理的な理由からEDに陥る日本人男性は、近年増えつつあります。
男性的なコンプレックスは自力解決が難しく、
医療機関やバイアグラといった治療薬の支援が必須です。

ただ深刻なEDであればいち早い診察とカウンセリングが大切ですが、軽度のEDの場合は事態を大事にしたくない、という男性心理が働くものです。
軽度のEDであれば、バイアグラの服用によって気になる勃起力の低下を改善出来ますので、まずは気軽な方法から着手しましょう。

バイアグラに含まれるシルデナフィルは男性の身体に溶け込みやすく、即効性が大変強いです。
時間にして服用後、30分以内に逞しい勃起力が現れますので、
性交の計画を前もって立てる必要はなく、男女の気分次第でED治療が出来るメリットがあります。

ただし、大多数の成人男性が飲めるバイアグラですが、
心臓疾患を抱える人または生まれつき心臓病のお薬を利用なさっている方は、併用が厳格に禁じられます。
硝酸剤を使用しているお薬とバイアグラの相性は最悪であり、
併用してしまうと命に関わる副作用を発現させかねません。
また心臓にリスクを持っている方は、性交自体に生じる血圧の上下、脈拍の増加に耐えられない事もありますの、事前に主治医にセックスに関する相談をしておきたいところです。
バイアグラと硝酸剤の成分は時間を置いても、
体内で交じり合う事で、血圧の著しい減少を誘発させます。
命を落としかねない危険な飲み合わせですので、
持病のお薬を常用なさっている方は、その成分や効き目について、同じく主治医等に相談するのがベストです。

バイアグラと降圧剤の併用する際の注意点

40代になると、これまでの暴飲暴食や喫煙、アルコールの飲みすぎなどの生活習慣の乱れが、はっきりと体調にあらわれてくるようになります。
会社で健康診断を受けた際、高血圧や動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病を指摘され、血液がドロドロになっていることがわかったら、ショックを受けるでしょうが、病院で治療を受ければ、心臓病やガンなどの重い症状になる前に治すことが出来ます。
それに高血圧の人の場合は、動脈硬化が進行していることから、健康な男性に比べると血流が悪いので、ED のリスクが高くなります。
高血圧の治療で降圧剤を服用している場合は、動脈硬化と降圧剤の副作用により、さらにEDの症状が起きやすくなるといわれています。
それでは高血圧の症状があると、バイアグラのようなED治療薬は使えないのかと思う方もありますが、降圧剤との併用は可能なので、安心するようにしてください。
EDになると、中折れしたり、勃起時に十分な硬さが出ないなどの症状が起こりますが、降圧剤とバイアグラを併用することで、勃起不全を改善出来ている人は多いので、かかりつけの医師に相談するとよいでしょう。

たとえ医師のOKをもらっても、バイアグラを服用することで、多少の副作用が出ることはあります。
なぜならバイアグラなどのED治療薬には、血圧を下げる作用があるので、降圧剤と併用することで、一時的にふらついたり、立ちくらみがするなどの、低血圧の症状が起こることがあるからです。
しかし薬が切れれば治まりますし、その点に注意して服用すれば、降圧剤との併用は可能なので、パートナーとの性行為がうまくできなくなったときは、バイアグラなどのED治療薬で対処することをおすすめします。

バイアグラを服用するタイミング

バイアグラを飲むベストタイミングは、空腹時です。空腹時であれば、約30分ほどで効き目があらわれます。
効果持続時間が4~5時間しかないので、性行為の1時間前に飲むとタイミングが合いやすいでしょう。
飲むときには、水で飲むようにします。水がない場合には、清涼飲料水、お茶、アルコールでも問題ないです。ただし、バイアグラは脂肪分と一緒に摂取すると摂取効率が下がってしまう可能性があるので、牛乳など脂肪分が含まれている水分と一緒にとるのは控えるようにしましょう。
食事と一緒にバイアグラを摂取してしまうと、空腹時に比べて効果が出るのが極端に遅くなったり、十分な効果が出ないこともあります。人によっては、全く効果が出なかったというケースもあります。
特に脂肪分は薬の吸収率を低下させてしまうので、なるべく避けたほうが良いです。バイアグラ以降の第二世代、第三世代の薬は食事と摂取してもあまり影響がないように改良されていますが、バイアグラはかなり食事の影響を受けやすいので、気をつけましょう。
食事をする場合には、食事の前の空腹時に摂取して、体に成分を吸収させてしまうと良いです。その後であれば、食事をとっても影響はありません。食前30~40分ほどを目安に摂取すると良いでしょう。
どうしても食後に薬を飲む場合には、脂っこいものは避けて、野菜やキノコ類を中心にした食事をとるようにします。腹七分目がベターです。そして、食後2時間くらい経ってからバイアグラを服用するようにします。
アルコールとの服用は、アルコールが少量であれば問題ありません。しかし、飲みすぎてしまうとそのまま眠って効果が台無しになってしまう可能性もあるので気をつけましょう。
カマグラゴールドはバイアグラジェネリック
薬の個人輸入サイトを見る
世界中で愛用されているバイアグラ
メガリスは僅かな性的刺激でも効果がある